今年度の高文連美術展 研究大会

6月8日土曜日 投稿は昨日の高文連石狩支部美術専門部の顧問会議からです。

今年度の石狩地区美術展、そしてその先の全道高文連美術展 研究大会について、詳細な話がありました。

まずは、地区大会である石狩支部美術展のポスターです。いつもどおりの札幌市民ギャラリーでの開催です。8月6日から8日までの開催です。西高美術部もこの大会に向けて努力中です。

続けて今年度の全道大会です。室蘭支部の大会になります。日時は10月3日から4日。石狩地区大会にて全道入選作品と認められると出品ができる大会ですね。しっかりできた作品が出品できるわけです。西高美術部員よ、けっこうむずいんだぜ。

地区大会、そして全道大会へと続きますが、その先もありますよ。もちろん全国大会です。

西高の美術部員の先輩は優秀でした。管理人は西高に赴任して3度全国大会に連れて行ってくれました。現役よ、「為せば成る、為さねばならぬ何事も。」

今年度の全道大会は室蘭支部が当番校ですが、会場はだて歴史の杜カルチャーセンターです。ここで、作品展示、開閉祭式、研修がおこなわれます。

※だて歴史の杜カルチャーセンターの画像はPIXTA無料写真の画像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください