レザークラフト打ち合わせ

7月6日土曜日 投稿はPTA芸術サークル8月開催のレザークラフトについて、講師と打ち合わせをした件です。

今回も講師をお引き受けいただくのは、札幌市内でレザークラフトを制作し、ワークショップをなども開く、レザークラフトLuna Peridot運営している髙田さんです。

昨年はがま口財布を作りましたので、今年は皮革を縫うのではなく、バネホックで留めたり、レザーに専用の器具で模様をつけたり、色をつけたりするモノを作りましょう、ということで決定。

制作するのは左側のカードケースにしました。

写真は模様がついたり、色がついたりしていませんが、実際は模様を打ち付け、色もつきます。コバの処理も教えていただけます。

バネホックを留める器具です。これを幾らかは購入することにしました。

これが打ち付ける器具ではありませんが、こんな感じの器具です。

色がつくとこんな感じになります。染色ですね。

バネホックにも種類があるようです。

講師との打ち合わせ後すぐに街に出て買い出し。レザークラフト用品の問屋さん、麻生商店に行きました。

色々購入する予定でしたが、数が揃わず注文にしました。数日後にはなんとかなるようです。

8月のサークルもたのしみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください