びじゅ、つぶ子 。。。

5月26日火曜日 いよいよ来週から学校が再開されるとのこと。投稿は、美術室の前に置かれた像からの話。

まぁ、年がら年中こんな感じで置かれていますが、美術部の看板を取ると、

その下には、もう一枚、美術部からのお知らせがあり、それを外すと、

こんな感じのお姿です。

この像の作者は、西高7期、鈴木吾郎さんです。鈴木さんは、西高卒業後、大学に進まれ、その後、北海道の美術教員としてご活躍され、西高でもご勤務されました。専門は彫刻です。

美術室前は少し暗いので、明るいところで見てみましょう。

目は今時のパッチリまなこですね。

制作年は1979年、、、管理人、6歳の頃ですね。古いなぁ。。。

ちなみにこの作品は彫刻ですが、意外に軽いんです。おそらく塑像をシリコンか石膏か何かで型取り、FRPを流して型抜きしたのだろうと思われます。

どんな作品にはもタイトルがあります。どうやらこの作品は「子どもの情景・夏」と言うタイトルなんですね。

まぁ、うちの部員は昔からこの像のことを、『びじゅ、つぶ子』と呼び、「つぶ子、つぶ子」と連呼していましたね。まぁ、いいか、つぶ子で。。。鈴木先生、すいませ〜ん。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください