美しい天橋立

1月6日(日) 昨日の報告をします。

みなさん、日本三景は知っていますか。江戸時代から伝わる景勝地ですね。安芸の宮島(広島県)、丹後天橋立(京都府)、陸前松島(宮城県)これらが日本三景ですね。

どれも美しい景色です。美術的な観点から見ても美しいと言えます。

管理人は宮島と松島には訪れたことがありました。西高の見学旅行では選択制ですが宮島(厳島)に行く生徒もいますね。

さて、昨日とうとう念願叶い、天橋立を訪れることができました。

車窓から、目の前は阿蘇海と言われる、宮津湾を天橋立で仕切られた内側の海が見え、奥に天橋立が見えます。

京都丹後鉄道、天橋立駅

天橋立は砂洲の上に松林が広がり入り口から3kmちょい続きます。幅は場所によって違うが数十mから100数十mくらいかな。

宮津湾側の様子。白砂が綺麗で、波の様子が美しい。景観は最高で、心洗われますね。

阿蘇海側、白砂の上に松の枯枝葉が重なっていますが、景観はそれなりに綺麗です。。。

「美しいものは美しい。」

美術を教える者として、美しいものを見て美しいと心から言う生徒を育てていきたいなぁと思った日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください