レザークラフト、カードケースを作る

8月24日土曜日 本日2度目の投稿。内容はPTA芸術サークル、8月の回の様子です。

今年も昨年に続き、講師にレザークラフト「ルナペリドット」を運営されている高田さんにお越しいただきました。

今回は、革に金属の型を押しあて、木槌で叩いて跡をつけるカービングを教えていただきます。では、スタートです。カードケースを作ります。

管理人は初めてカービングをしました。革に器具でつけた跡が、時間が経っても元に戻らないところが感動です。革についた跡は取れないとのこと。ヘェ〜です。

色をつける方法も教えていただきました。今回は薄めにつける方法です。

次は革の裏面やコバ(革の切断面)の処理の方法です。はじめてのことで、ヘェ〜の連続です。トコノールという仕上げ剤を塗りました。

最後にバネホックを取り付けて管理人のカードケースが完成でーす。全面にカービングを施しました。んー、まぁまぁかな。いつかはトートバックを作るぞー!

今日もたくさんの会員の皆様と楽しみました。みんなセンスあるなぁ。流石です!

皆さんの作品が、とても良く見える! カッコいいなぁ。

管理人のでーす。手元に革用のクリームがなかったので、研究室にあったミツロウを塗ってみました。後は、太陽の下でちょっと焼くかな。良い色になるといいなぁ。

それから、黒羽先生から、6月の回で制作した、陶芸絵付けが届けられました。管理人、イワシの群れを描きました。ん〜満足!

今回も、レザークラフト「ルナペリドット」を運営する高田さんのご指導で楽しく制作できました。また一歩、トートバック制作に近づいてきた気がします。いつか必ず作るぞー!

高田さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください