高文連美術全道大会 室蘭大会

10月3日木曜日 投稿は昨日から来ている、伊達市にて行われる、第53回全道高等学校美術展・研究大会 室蘭大会の様子です。今日が大会初日です。

今大会での宿泊先は、「きたゆざわ森のソラニワ」でした。なかなか良いですよー。

昨日のブログでも紹介しましたが、会場は、作品展示場所が伊達市総合体育館、開閉会式場がたて歴史の杜カルチャーセンターです。

記念にハイッチーズ。

ここで、研修が行われました。研修は、まずは風車作り。

材料は薄い金属板でできた風車の本体に、シールタイプの色紙を貼り付けていきます。本校の生徒は空色をイメージして作るよう要請があり、青を基調にした色合いで作りました。

作品展示の様子です。力作揃いですね。みんな凄い!

マイの作品もありました。

よし! 良いだろう!

先ほどの研修で制作した風車を外に展示します。みんなで展示して、インスタレーションです。

はいっ、西高の作品だぁ! 良い出来…。

風もまずまず吹いていたので、風車がよく回っていました。

楽しかったね。良い思い出ができました。

明日が最終日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください