遅ればせながら、高文連作品

1月1日元日 今年度の高文連作品の紹介。ずいぶんと遅くなり、、、すいませんね。

まずは、3年生、レイアの作品。綺麗だね。見学旅行の際に訪れた、京都伏見稲荷大社かな。そこに黒猫がひと休みしている模様。良い色彩感覚だ、高校生活最後の作品だね。よくやったよ。

次は、3年生、マイの作品。タイトルは「入舟町四番地」、F30号油彩の作品。本人が子供の頃の様子を高校3年生になった本人が当時の様子を描いたものですね。郷愁漂う絵で、雰囲気が出てる、良いね〜。

次は、2年生、部長のでーす。ハンドルネームbarrelの作品、綺麗だねー。水中に花が咲いてるように輝いて見えるよ。タイトルは「落花」、技術も向上していて、今後も期待できますね〜。よしよし。

続いて、2年生ハンドルネームすけざえもんの作品。水中での、人魚の様子というか、海の神様ですね。でもタイトルは「人魚」。写真ではわかりづらいですが、シェルサンドでマチエールを作り、画面に表情が出ているんですよね。

次は、2年生、ハンドルネーム環の作品。作品タイトルは「彼女」。壁に羽だけが描かれている場所があり、そこに友人が手を広げて立っている姿を描いたんですね。ピンク調の色合いが綺麗な作品ですね。

こちらも2年生、ハンドルネーム太郎の作品。タイトルは「夏めく」。札幌から小樽へ向かう道中の景色とのこと。コントラストが効いていて夏らしさを感じますね。木々の中から眺める小樽の海が綺麗で、その一瞬がよく伝わりますね。

ここから1年生の作品。まだ自身の付けたハンドルネームは持っていないので、管理人が付けたコードネームDREAMの作品。タイトルは「死線を越えて」。初めての油絵ですね。内面が浮かび上がる作品で、心に残る作品。良いね、こういう作品を評価したいね。

続いて、またまた自身のハンドルネームを持っていないので、コードネームGREEN MOONの作品。タイトルは「BOOK PARADE DRAGON」。ファンタジー溢れる作品で、楽しさが伝わってきます。色の配色も綺麗で、次回作も楽しみですね。

最後は、立体作品を紹介。

コードネーム☆の作品。大きさは台も入れて高さ160cm程度です。タイトルは「欲望」。喉から手が欲しいくらいに…、とはよく言ったものです。その立体化がこの形。心(心臓)から欲しているんですね。アートのセンスが垣間見られますね。

ずいぶんと、夏の大会の作品紹介が遅くなり、すいませんでした。。。どうも、気が抜けて、ブログ更新がおろそかになり、、、反省しています。

さてさて、ここには作品は登場しませんが、秋に一人入部しました。1年生です。3年生はまもなく大学受験を控え、3月には卒業となりますが、現在美術部は1.2.3年生で、10名です。

今年もまだコロナ禍が続くでしょうが、西高美術部一同、楽しく活動していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。  管理人

「遅ればせながら、高文連作品」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください