タイルアート

 10月28日(日) 休日の朝です。投稿は昨日のPTA芸術サークル「タイルアート」制作の様子です。タイルアート作家(当別町で作家活動)をお迎えし、会の皆さんで活動を楽しみました。

 管理人は、タイルアートを制作している同僚を見てきたことはありますが、実際に自分が制作したことはありませんでしたので、今回は貴重な経験になりました。それでは様子をどうぞ。

 接着していくタイル片になります。このタイル片を土台のタイル(10数センチ四方)に接着し、隙間に目地材を入れていくことになります。

 いきなり接着していくわけではなく、まずは完成の様子を思いめぐらせ、試行錯誤しながらタイル片を配置していきます。

 土台のタイルに、色とりどりのタイル片を接着し、固まった後、タイル片の隙間に目地材を埋めていきました。

 目地材を埋め込んだ後、タイル上の目地材をきれいにふき取りました。まだ目地材が乾燥していませんので、完成ではありませんが、本日の作業は終了です。目地材が乾燥した後、表面をきれいにして完成になります。ちなみに上記写真は管理人の作品です。。。

 みなさんの作品とご一緒に、ハイッチーズ!!!

 本日は、貴重な経験を積ませていただきありがとうございました。講師の先生に置かれましては、この場を借りてお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください