美術部の西高祭

 本日は8月16日、お盆明け、送り日です。投稿を始めたばかりですので、今日より以前の話題も載せておきます。まずは、今年の美術部の西高祭です。。。どうぞ。

美術部の垂れ幕

 毎年制作している美術部の垂れ幕、今年の制作は大変でした。大きさは、縦10m、横2m10cm、画材はコットン・化繊混紡のキャンバス生地にアクリル絵の具。これを部員4人で描きました。去年までであれば、部員が10名以上在籍していたので、なんてことはなかった。今年は大変だったね。  制作期間は3週間ほど。活動時間は放課後17時過ぎから19時過ぎまで。もちろん諸事情で制作できない日もあったりしたので、西高祭直前はできるかどうか冷や冷やした。。。  「あ~、よくやったもんだ」  今年のテーマは「北海道にゆかりのある人物、キャラ」  ※制作物の展示に関しては、学校行事(教育的行事:学校祭)の一時的な期間で、営利を目的としておりません。

ボディペイント

 毎年の西高祭での美術部の出し物は、美術教室内で実施する、部活動で制作した作品の展示、来場者への似顔絵描き、ボディペイント、そしてアトリウムでの垂れ幕であった。しかし、ただいま部員が4人で、西高祭当日に、来場者への似顔絵とボディペイントの2種目を実施するのは難しいと、部員一同で判断。今年は、長年続けてきた似顔絵を外し、ボディペイント一本に絞ったのであった。。。来場者数、すごかったね!       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください