2019AWの続きに戻ります。

4月12日日曜日 今日もコロナのニュースで世間は持ちきりですね。明日は登校ですが、どうやら明後日からまた休校の模様。

えー、2019AWの話題、まだまだ残ってますので、紹介します。

1月8、9日に高教研があり、参加いたしました。高教研とは、高等学校の教員が参加する研修会の略称です。校長協会が主催しているのが特徴ですね。

こちら、今回の芸術部会、美術にて発表されたゾートロープですね。しかも立体!

ゾートロープとは「アニメーションの原点」と言われています。スリットを空けた円筒の内側に連続的に変化する 絵が描かれていて、円筒を回転させながらスリットから中を 覗くと、パラパラマンガと同じ原理で絵が動いて見えるとい う装置です。こちらは、絵ではなく粘土で立体造形で作られていますので、ゾートロープ立体版ですね。下の装置で見ることになります。

こちらの装置、立体ゾートロープを観賞するものですが、中にはレコードプレーヤーが入っていて、作品の円盤を乗せて回る仕組みになっています。さらに天井には点滅するようにライトが設置されていて、スイッチを入れると、レコードプレーヤー、および点滅ライトが作動し、覗き穴から見ると、中の立体が動いて見える仕組みになっているんです。上手く作りましたね。

20年以上教員を勤めていますが、まだまだ勉強ですね。未来の生徒のために、もっと勉強せねばね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください