2019AWの話題 日本画

4月19日日曜日 投稿は今年2月に実施したPTA芸術サークルの様子です。管理人が専門にしている日本画を実施しました。

まずは、管理人が描いた参考です。今回は、杉の木うちわ に水干絵具で描くこととしました。サークルでは、昼1時頃から3時過ぎ頃まで実施するのが慣例で、長い時間は取れませんので、下描きは管理人が施しました。

水干絵具 胡粉 金泥雲母

日本画、一番の特徴は膠を用いることです。今回は水干絵具を潰して、膠を混ぜ、絵具を作っていただきました。皆さん、手際が良いですね。

葉っぱの葉脈は金泥雲母で描きました。

参加者の皆さん、上手いんですよ。筆さばき、色の調整など、センスありますね〜。

完成しましたー。

今回は、消しゴムで、落款も作りました。こちらもお持ち帰りです。

楽しかったですね。日本人なのに、日本画とは何か、ご存知でない参加者もいましたので、もっともっと、日本画を広める活動をせねばならんなぁ、と感じた日でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください