今年度の道展、、、中止

5月2日土曜日 GW期間ですが、コロナで自宅生活です。

昨日、道展から封書が届いていました。内容は既にわかっています。残念ながら、コロナのため、今年度の道展に関する全事業の中止です。

道展、今年度の事業は全て中止ということは、21歳以下の学生が出品する「道展U21」も中止ということです。この後、コロナが収束に向かう中で、すでに中止が決定したため、今年度に該当する生徒は出品できません。大変申し訳なく思います。本来なら出品して、入選やさらに上の入賞があったかもしれない、それが今の時点で中止なわけです。少し腹立たしいですが、管理人も道展の会員で常任委員でもあるため、泣く泣くこの中止事案を承認しました。

「なんだかなぁ。。。」

やるせないですね。全てはコロナ、、、悔しい。

上のポスターは、美術部OBマリエさんが西高を卒業した後、大学生活を送りながら、ちょいちょい西高にも来て制作し、2014年度のU 21に出品し、見事、準大賞に輝いた時の絵を2016年度のポスターとして載せてもらったものになります。(2015年度は市民ホール改修のため、道展U 21は、スモールコスモスという小品展として実施されました。)

このポスター、今も部室に貼ってあるんですよ。ちなみに、過去の写真を探すと、出てきましたので、当時の写真を掲載しますね。

この作品のすごいところは、全てコピックで描かれているところです。色や形が秀逸です。写真のように描くのは、技術として大事なことですが、、、良い絵は人の心を動かすんです。素材は何でも良いんです。

管理人、表彰式当日、会場にいましたが、嬉しかったですね。高校を卒業後も続けてくれたことに、心から嬉しかったですね。

道展U21はドラマがあるんです。上のマリエさん以降も西高は活躍しました。入選はもちろん、入賞さらにスポンサー賞を受賞する生徒も何名も出ました。今年度、コロナのため中止が発表されましたが、部員には腐ることなく部活動を続けて欲しいなと思っている今日この頃です。。。くっそ〜、コロナめ〜。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください