GWは映画観賞

5月3日日曜日 GW真っ只中、外出自粛ですよね。。。ので、映画を観て、感性を高めましょう。

管理人は、かなり映画を観ている方です。コロナがなければ、ひと月に2度くらいは映画館に観に行きますね。洋画、邦画、アクション、ドラマ、ミステリー、アニメ、ジャンルはまったく問わないです。自分が観たいモノを観る、そんな感じです。

せっかくなので、管理人から映画の紹介。人には好き、嫌いがあるので、これが一番というのではないです。映画は観る人の年齢や性別、性格やその時の気分で大きく感じ方は変わります。。。ので、とりあえず、、、ん〜、あまり世間ではすぐに名が出ないモノを、そして管理人にとって印象に残るモノを3つほど紹介します。

海の上のピアニスト

はじめに洋画から。こちらは「海の上のピアニスト」という映画です。1998年イタリアの映画です。教員になりたての頃ですね。映画館ではなく、当時はビデオだったか、もしかしたらDVDが登場したての頃だったか、雑誌で紹介されていたのを見て、借りに行った覚えがあります。当時も「良いな〜、この映画。。。」と心に残ったのを覚えていますが、なんと、昨日借りてきて、久しぶりに今朝、観ました。やっぱり良かったですね。ネタバレになるので多くは書きませんが、最後に主人公のピアニストとその友人との会話の終わり、「僕は降りない」という言葉が、、、印象に残ります。

八日目の蝉

続いて邦画からひとつ紹介。「八日目の蝉」という映画です。こちらは2011年の映画ですね。すでに西高に赴任してバリバリ仕事に熱中しているときですね。残念ながら映画館ではなく、DVDで観ました。初めて観たときは、心から感動しましたね。多くを書くとネタバレになりますので、少しだけ書くと、、、主人公は悪人です。ですが、、、なんとも言い表せない感情がこみ上げます。少し大人よりの映画かな。。。

秒速5センチメートル

最後に、アニメから。言わずもがな、新海誠監督「秒速5センチメートル」です。こちら2007年リリース、3つの短編をまとめた63分の映画になります。恥ずかしながら、「君の名は」で、新海誠監督を知りました。こちらを初めて観たときは、「やるなぁ、これは良いな、だから『君の名は』が出来るんだな」と思いましたね。昨年公開された「天気の子」にも影響を与えていますね。こちらもネタバレのため多くは書きませんが、お互いに惹かれる幼い男の子と女の子。成長して、変わってしまう姿をよしとするか、それとも、、、って感じです。ラストは考えさせられますね。

はい、以上です。また、いつか映画の紹介をしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください