想定デッサン

  8月31日(金) 本日は8月最後の日ですね。平成の8月も今日で終わりです。。。 

 ↑上記写真は、過去の西高生作。

 投稿は、3年生の受験向けデッサンになります。今回「文房具を使用する両手」が課題。

 デッサンは、美術、デザインを志す者としては、必須の課題です。管理人が学生の頃、とくに浪人の頃は、ひたすら描いていました。石膏像を基本に、静物、人物、手、想定、、、毎日毎日、描き続けましたね。

 デッサンのコツは、修練の末につかむものですが、簡単に言えば、まず形をとり、そして陰影をつける、以上。。。というと、バカにしてるのか、となりますので、もう少し丁寧に書くと、形をとる際は、垂直・水平・傾き・比率・・・をよく観察する。陰影は、鉛筆の濃淡(H系:B系)の違いを利用し、紙の上で空気遠近を表現する。また、面を意識し、単に塗る動作ではなく、立体的になるように、鉛筆の跡(タッチ)を残す。。。

管理人が使用する用具。学生の頃からこれらの鉛筆で戦ってまいりました(^_^)v

 

 今進行している課題は想定デッサンですので、やや頭を使いますし、難しいかな、と思いますが、単に塗る作業ではなく、膨らんでいる、へこんでいる等、その箇所が持つ特性を鉛筆の種類を変えたり、こすったり、タッチの方向を意識しながら表現できると良いですね。。。彼女が描いているのは、”コンパスを使用しているところ” で、その状況を下から覗いている様子です。。。たぶん、相当むずい。。。でも、アイデアは良いぞー!!しっかり描きこもう!! きっと上達する!!。。。現在、2時間弱経過  B3画用紙  

管理人も一緒に描いています。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください