螺鈿工芸

 12月4日(火) 今日はもう1本投稿します~。

 2年生の美術授業からです。石彫で抽象彫刻を彫っている課題、早く仕上がった人が出てきましたので、次回課題の紹介です。3月まで授業は続きますが、実際の授業時間はさほどありませんので、現在の石彫が終わり次第、随時新しい課題に入っていく感じですかね。。。

 まずは石彫の紹介 こんな感じです。いいね~。。。

 作品のタイトル、コメントを後ほど聞きます。各々素敵なタイトルをつけてくださいね。

 さて、石彫も12月いっぱいで終了です。完成へ向けて頑張ってください。

 螺鈿工芸の紹介です。後々詳細を紹介していきますので、本日のところは、ざっくりで紹介します。写真は参考例です。。。こんな感じに仕上がります。。。

 課題の前提として、工芸品を作るということではなく、箱自体は既製品のため、螺鈿を切り抜くにあたって、そのデザインを考えることが今課題のねらいになります。

 使用する螺鈿は新日本造形のカタログから取り寄せました。下の木箱も同じくです。

 木箱の大きさは、全長8cm程度の小箱です。これに掘りあげた前課題の石彫を入れて自宅にお持ち帰りです。。。石彫を大切にしまう箱なんですね。

 良い作品を期待しています! さて、デザインを考えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください