道展U21 鑑賞

2月2日土曜日、投稿は昨日、道展U21を観に行った件です。

たったひとりの美術部員レイア、自分の描いた絵と他人が描いた絵の違いを分かってくれた時間になり、管理人は満足したところです。

現在、3年生は受験の真っ只中。頑張っているかな…。2年生が残念ながら”ゼロ”。

昨年度より、今までどの学年にも5人から7、8人いた美術部員がいなくなってしまった。校内に絵を描く生徒はもうすこしはいると思いますが、時代の流れ、社会の流れなのか、ダンスや軽音楽に目を向ける生徒が多くなってきたように思えます。絵を描く、物を作るのも良いですよ。自分の表現ができる場ですから。

会場は札幌市民ギャラリーです。全室使用し展示されています。平面作品759点、立体作品68点、合計827点の展示でした。

大賞をはじめ、冠がつく賞の作品は流石に良かったです。ここで写真を出すのもどうかな、と思いますので会場で本物をご覧下さい。 http://www.doten.jp/

レイア、自分の作品はどうでしたか…。人生で初めて、ちょっと時間をかけて描いた油絵でしたね。管理人は絵の具の感触や絵の具の乗せ方など体感してくれたことに満足しています。今回、冠がつく賞の作品をたくさん観ました。自分との違いを理解しましたね。

まずは、どんな作品にもじっくり時間をかけましょう。大学受験へ向けて勉強も大変ですが、計画を立てて、良い絵を描けるように努力してください。頑張っていこうか!

道展hp http://www.doten.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください