螺鈿工芸

2月12日(火) 3連休明けの学校です。投稿は2年生の螺鈿工芸からです。

さて、螺鈿とは青貝の殻の内側の、真珠色の光を放つ部分を薄く種々の形に切って、漆器などの表面にはめこんで装飾とした物ですね。

今回の制作では既にシート状になったものを切り抜き、木製の小箱に貼り、アクリルの黒絵の具を塗り重ね、乾燥後研ぎ出しをして、水性ニスを塗って完成です。

今日の工程は人によって進度が違いますが、概ね、切り抜きし終えたくらいでしょうか。

扇子の絵柄が綺麗に切り抜けましたね。

アートの様子が伺えます。良いですね。

今回の道具、素材などなどです。

2月、3月は授業が少ないので、手際よく進めていきましょう。頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください